鍼灸治療とは

 

身体に鍼や灸を用いた刺激を与えることで、

多様な疾病の治療や、健康増進を可能とする医療技術であり、日本では「医師」の他に

「はり師」「きゆう師」がこれを行えます。

 
 

医療は、治療⇒予防を中心に移行しつつあります。

img01東洋医学(鍼灸治療)は古く、中国2000年前に産声をあげた医術です。日本においても、西洋医学が入るまでは、医療の中核を担っていました。
 
東洋医学においては、未病(病気になる前の症状)を治すことにより、病気に発展させないという予防の考えが、古来よりあります。
 
自然治癒力や自己免疫力といった、身体が本来持っている力を呼び起こし、

病気にならない身体づくりに役立ちます。

 
 
 

整骨とは

 

国家資格を持った柔道整復師が、

整形外科学を基礎とした柔道整復術をもって行う手技療法のことで、接骨・ほねつぎとも呼ばれています。柔道整復師は、

骨折・脱臼・打撲・捻挫などの治療を行うことができます。

 
 

鍼灸師および柔道整復師は、

法律によって定められた一定期間の専門教育を受け、国家試験に合格し国家資格免許を取得していますので、

医療として保険の適用も認められています。

 
img02また、整形外科では主に外科的手段、薬品の投与等で治療を行いますが、対して鍼灸整骨院では、鍼灸治療のほか、柔道整復術によるマッサージやストレッチ、テーピング、および日常生活での原因、対策、予防の指導も行い、症状によっては応急処置をし、整形外科医と連絡を取り対処いたしております。
 
 
このように、

さんだ鍼灸整骨院では、

患者様にいつも安心して施術をお受けいただけますし、一人ひとりの患者様と向き合いながら、地域密着の身近な施術で『痛みのないワクワクした人生』のお手伝いをさせていただいております。